Entertainment

Netflixドラマ化でも大評判!村西とおるの半生を描いたベストセラー『全裸監督 村西とおる伝』がついに漫画化、コミックス第1巻が発売

Netflixドラマ化でも大評判!村西とおるの半生を描いたベストセラー『全裸監督 村西とおる伝』がついに漫画化、コミックス第1巻が発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




Netflixドラマ化でも大評判!伝説のAV監督村西とおるの半生を描いたベストセラー『全裸監督 村西とおる伝』がついに漫画化!コミックス単行本第1巻、発売! (1)

画像を拡大して見る

おまたせいたしました!おまたせしすぎたかもしれません!

2週間で1億円豪遊、撮影した女性は3000人・抱いた女性は7000人、2度の離婚、借金の総額50億円、前科7犯、米国司法当局からは懲役370年を求刑——この男は実在する!Netflixドラマ化でも大評判!伝説のAV監督村西とおるの半生を描いたベストセラー『全裸監督 村西とおる伝』がついに漫画化!この10月8日にコミックス単行本第1巻が発売になりました。

本作は、本橋信宏氏の傑作評伝を、『永遠のゼロ』や『海賊と言われた男』といった傑作を漫画化してきた漫画家、鬼才・須本壮一氏が大胆に漫画家。

 執筆前には、村西とおる氏ご本人や本橋信宏さんに熱血取材!Netflixドラマとはまた違った「漫画」独自の物語世界を作り出しております!

 あの熱狂のバブル時代、そして狂乱のAV狂時代はどのように作られ、どのように脚光を浴びてきたか…余すところなく描き尽くします!!

■著者コメント
・本橋信宏
「原作版・Netflix版・そして漫画版。これで3者そろい踏みになった。
それぞれ個性豊かな全裸ワールドが誕生した。
表現方法は異なるが、通底するものがある。それは、生への希望である。」

・須本壮一
「この作品はアダルトというコンテンツを誰よりも早くビジネスに替えた起業家の話です! エッチじゃありません! ちょっとしか」

■著者紹介
・原作:本橋信宏
埼玉県所沢市出身。早稲田大学卒。私小説的手法で庶民史を描くことをライフワークとし、雑誌メディアを中心に政治思想からサブカルチャーまで多方面にわたる文筆活動を展開。AV監督村西とおるとの接点から関連書籍も執筆。主な著書に、『出禁の男 テリー伊藤伝』『東京裏23区』東京の異界 渋谷円山町』『ベストセラー伝説』『全裸監督 村西とおる伝』『新・AV時代 全裸監督後の世界』など多数。

・漫画:須本壮一
神奈川県川崎市出身。高校時代より漫画家・岡崎つぐおのアシスタントから在学中に商業デビュー。以後、麻雀漫画を中心に「本そういち」のペンネームで活躍、近年では歴史ものや社会派のテーマから本名の須本壮一名義で作品を執筆している。主な著作は、『夢幻の軍艦大和』『紫電改343』漫画担当として、『奪還』『めぐみ』『永遠の0』『海賊とよばれた男』『罪の声』など。

■書籍データ
【タイトル】『全裸監督 村西とおる伝』第1巻
【著者名】原作:本橋信宏(新潮文庫刊) 漫画:須本壮一
【発売日】2021年10月8日
【造本】B6判型
【本体定価】682円(税込)
【ISBN】978-4-10-772432-8
【URL】コミックバンチWEB 
https://www.comicbunch.com/manga/bunch/naked_director/

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button