Technology

iPad mini 6のトラブル「ゼリースクロール」ってなに?

画面がプルップル。

先月発表・発売されたばかりのiPad mini(第6世代)。前モデルからリリースの時間がちょっとあいたこともあり、発表直後から「買い!」の声が多く聞かれました。ギズモード編集部でも、買いメンバーが多く、「悪いところってイヤフォンジャックないくらいじゃないの?」ぐらいの勢いで高評価です。まぁ、本当のところは数カ月しないとわかりませんが、今は新製品なのもあってウカれて楽しんでいます。が、その新iPad miniである問題を指摘する声があがっています。すでに使って気付いているユーザーもいるかもしれませんが「ゼリースクロール」って知ってますか?

百聞は一見にしかず。まずは、ゼリースクロール現象を見てみてください。The VergeのDieter Bohn記者が、Twitterにポストしたスローモーション動画を見ると一目瞭然です。

Here is is slow-mo video of scrolling on the iPad Min i slowed down EVEN MORE in a frame-by-frame step by way of. Notice how the fitting strikes up sooner than the left.

In regular utilization you barely see it, however once in a while it turn into noticeable. In panorama it goes away totally pic.twitter.com/iq9LGJzsDI

— Dieter Bohn (@backlon) September 22, 2021

わかりますか? 画面がユラユラ、ジグザグ、プルプルしているのが。

Bohn記者いわく、ポートレートモード(縦持ち)で、画面いっぱいに文字が表示されている時にスクロールすると起きるという現象。画面右側のスクロールが先行し、左側が遅れる。結果、画面がユラユラしているように見えるというもの。これ、ランドスケープモード(横持ち)だと、同じ文字表示でもまったく起きないとのこと。動画はわかりやすくするためのスロモで、通常スピードだとわかりにくいものの、それでも違和感があり気になっちゃうと。

またネタ元の9to5Macにゼリースクロールのネタ提供をしたあるユーザーによると、Apple Store店頭に設置されているデモ用端末でも、このプルプルゼリースクロールが起きていたとのこと。つまり、このユーザーがたまたま不具合のある端末にあたったのではなく、iPad mini全部またはマジョリティで起きている可能性が高いということ。

現段階では、ゼリースクロールの原因、問題解決方法は明らかになっていません。実は、過去にOnePlus 5で似た現象が起きたことがあり、その時はディスプレイが上下逆さまに取り付けられていることが原因でした。Appleでスクリーン逆さまはないかなと思いつつ、世の中に絶対なんてないと言うなら可能性は0ではないですね。

Source: [email protected], 9to5Mac

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button